保険相談について

注目

家計を支える夫に万一のことがあった時に必要な額はどの程度なのか。 自分たち家族はどのような生活を送っていきたいのか。 生命保険を考える際に一番重要なポイントはそこなのかなと思います。

わたしたちがファイナンシャルプランナーさんに保険相談した時は、 自分たちが子どもにしてやりたいと思っていることにかかる費用と 現実的な生活を考えるとこのくらいかかる、というグラフを算出してもらいましたが その費用のかかること! そのすべてをまかなえるような保険料を支払うことは 現時点の家計からは難しかったので、必要最低限にしぼって加入することにしました。

まだまだ十分とは言えないので、また機会があれば(自分が働き始めた時など) 保険に追加で加入を考えております。

実際漠然と考えているのと、プロの意見を聞くのではかなり違います。 保険加入をすすめるために話をしているのでは?と思われる方もいるんだろうとは思いますが ファイナンシャルプランナーさんのお話を元にいろいろ調べてみると やはり自分たちの希望をかなえるためにはお金が必要なんだなということがわかりました。

すぐに保険に加入する、しないの話ではなく 将来的にどのくらいのお金が必要になるのかを考える上で 保険のプランナーさんやファイナンシャルプランナーさんに保険相談するのは決して損ではないと思います。

過払いってご存知ですか?過払い金請求 無料相談は司法書士に

外壁塗装の料金を見積りで比べる

外壁塗装をどこか業者に依頼する時に、料金の妥当性が気になってしまう場合があります。もしかすると高いのではないかと、気になるケースもある訳です。

外壁塗装を行ってくれる業者は、それこそ沢山あります。それで各業者によって、料金に違いがあるのです。

例えば業者Aの場合は、施工料金が120万円だとします。しかし120万という数字は、全ての業者に対して当てはまるものではありません。
業者Bは140万ですが、業者Cは90万円などの具合です。

各業者によって料金も異なる訳ですが、自分が住んでいる家ならば、果たしていくらになるか、具体的な金額を知りたい、ちょっと比べてみたいと思う事もある訳です。
そういった時には、業者に直接訪問してもらうと良いでしょう。現地見積もり時には、その場で大体の金額が伝えてもらえます。

ただし上記でも触れた通り、各業者によって料金も異なります。ですから業者を選ぶ為に、複数社から現地見積もりに来てもらい、工事金額を比べている方も多いです。
所謂、合い見積もりというやつです。

それで外壁塗装に対しても、妥当性に関する問題が浮上する事もあります。例えばある塗装業者から、工事金額が300万だと伝えられたとします。それで人によっては、果たして300万が妥当な数字か気になる事もある訳です。

実際、妥当でない可能性はあります。他業者ですと、200万円台で工事可能なケースもあるからです。
妥当かどうかを知りたいなら、外壁塗装の費用相場を知っておく必要があります。

例えば他の業者による相場が200万円台ですと、上記の300万円という数字は若干高めと判断できます。
明らかに平均値より高いからです。

ところが他社による相場が400万円前後であれば、話は大きく異なってきます。明らかに平均値より低いですから、かなり格安とも判断できます。

このように複数業者で合い見積もりをとり、家の外壁塗装の相場を知っておくと、業者が提示する金額が適正か否かを判断できる訳です。
他にもインターネットを利用した一括見積もりの方法があって家の外壁塗装が参考になると思います。

保険会社への報告の仕方

保険金を請求する時に気を付けたいのが保険会社への報告の仕方だ。
車の保険でマイカーの使用用途を日常・レジャーに指定して加入していた人が「通勤中に事故をおこしてしまって」などと保険会社に報告していたのでは保険金はおりないだろう。
ここはやはり「いつもは電車で通勤しているのだけれど、たまたまその日だけ車を使ってしまった時に事故を起こした」というように報告した方が保険金が降りると思う。

これと同じでいざ、ことが起こった時の保険会社への報告の仕方ひとつで保険金が降りる場合と降りない場合がでてくる事もあるのではないだろうか。

例えば手術する事になって保険会社に連絡する事になった場合、それが持病に起因するものだったとしても持病を申告していなかった場合はそれをにおわしてはならない。
余計なことは言わず、できるだけたまたま受ける事になったように報告する必要があると思う。

例えばもともと不整脈をもっていて検査の為、カテーテル手術を受ける事になったとする。
加入の時に不整脈の事を申請していなかったとしたらできるだけたまたま発覚したように報告した方が保険がおりるように思う。

保険の支払いに関してどんな時に保険が受取れてどんな時に受け取れないのかという事に関して熟知しておく必要があると思う。
こんな時、あてにするのは熱心に勧誘してくれた保険のおばちゃんだったりするのだが実際、保険のおばちゃんでは知識が不足している事が多い為、あまり頼りにはならない。
やはり、いざという時の為に頼りになるFPをみつけておくのが賢明だろう。
保険相談ランキングで探してみては如何だろうか。

できるなら最初から既往歴がある人用の保険に加入したり、無選択型保険を選んだりした方が良いでしょう。

インターネットのスピードを上げるには

インターネットのスピードを上げるにはインターネット回線が早くなくてはなりません。
光回線なら下り1GBなのでおすすめです。インターネット回線選びに迷ったらインターネット回線おすすめプロバイダ ランキングで選んでみてはいかがでしょうか。
それからパソコンの処理能力も重要です。パソコンの処理能力とはCPUです。CPUはパソコンの頭脳と呼ばれています。
よくある、プロバイダやインターネット回線を契約すると無料でついてくるような安いパソコンのCPUでは話になりません。
無料でついてくるような安いパソコンのCPUなんてCeleronとか低レベルのものがせいぜいです。
Core5、Core7くらいは使っていないとパソコンがインターネット回線のスピードについてこれなくてスピードを殺してしまいます。
せっかく光回線を頼んでもパソコンのCPUが低レベルでは処理が遅くなってしまいますので宝の持ち腐れになってしまいます。
インターネットを早くしたければインターネット回線と同じくらいパソコンにも気を使いましょう。

借金があると結婚が遠のく

人との出会い。
それはどこでどう起こるかわかりません。
それこそが偶然であり、運命なのでしょう。

結婚を前提にお付き合いを考えたとき、将来を考えるのならば、それなりにいろいろ考えますよね。
愛さえあれば。今の世の中、”好き”だけではやってられない。
綺麗ごとだけ並べても、どうしようもない現実が待っています。

結婚相手に対して何を望みますか?
取りあえず、隠し事はやめてほしい。
相手に借金があった場合はどうでしょう。
その借金ってどういった理由か。借金の金額にもよるでしょう。

結婚を考えているのならば、極力借金はない方がいいですよね。
誰も、苦労すると分かってて結婚はしないでしょう。
借金があることを隠したまま結婚すれば後でバレた時、信頼は無くしてしまうでしょう。

いろんな事を考えると、借金がある人は、取りあえず借金返済してから結婚というのを選んでもいい気がします。

結婚が疎遠になってしまう。
確かに寂しいかもしれませんが、仕方がないですね。自分の借金は自分でなんとかしましょう。

お金のトラブル。
結婚という出来事でいっそうドロドロするのはいい気はしません。
借金が返せないなら債務整理無料相談で一から出直しって方法もありますよ。

自動車免許は視力が大事

車を運転する事。
技術はやっぱり必要??

得意、不得意があるので、それは仕方が無いでしょう。

車庫入れが苦手な人もいます。
縦列駐車が嫌いな人も・・・。

まぁ、免許を取るに当たっても、ほとんどが前に進む練習。

その中で何回かだけがバックや駐車の時間。

そうなると、バックが苦手だとしても、仕方が無いでしょう。

また、日頃からそういうことが日課になっていたら、慣れていくでしょうが、早々頻繁に出会わなければね。

結局、免許をとっても乗らないと意味がありません。
乗ることによって慣れていくのでしょう。

その慣れが、事故につながる事もあることは、厳重に実感しておく事は大事。

車に乗るとき、視界は大事。
しっかり見えているのか??

これって怖いですよね。

ある程度認識できていないと、危険が伴ってきます。

なので、免許取得には視力検査も含まれているのです。

コンタクト?
めがね?

どちらでもいいですが、運転する時は必ず装着。
何十年か前、自動車免許を取得する為に自動車免許 合宿教習所に通ったのですがその時、はじめてめがねを作ったので目が回って真っ直ぐ走れず恥ずかしながら、教習時間を何時間もオーバーしてやっと取得したのが懐かしいです。とってしまえば今ではスイスイとっても便利。運転免許無しの生活なんて考えられませんが。

視界の広さは安全運転の第一歩??視力はやはり大事ですね。
自動車免許を取得するなら合宿免許プランナーが格安です。

自動車の任意保険

自動車保険には2種類あります。 ひとつは被害者を救済するために法律によって加入が義務付けられている「自賠責保険」 もうひとつは自動車の所有者が任意で加入する「任意保険」。

なぜふたつあるのかと言いますと、自賠責保険は対人のみが保障の対象となっているうえに 保障に限度額が設定されている為です。

しかし実際事故が起こった時のことを考えると 人だけでなく車両や建物といった「物」に対しても保障が必要になることがありますし 被害者の方が大けがをしてしまった場合、自賠責の限度額内でおさまらないことも考えられます。

そのため運転者の多くは任意保険にも加入し 自賠責では補いきれない部分をカバーしています。

自賠責保険にしか加入していないというのは 加入していない本人にとっても事故を起こした場合、大変なことが多いですし (物損事故の場合、1円も下りないため自己負担になってしまいます。) 被害者側にとってもマイナスになることがあります。 保険会社を通せば簡単に話がつくことでも 専門知識のないもの同士だと手順のことなど、何かと面倒になることが多いためです。

自動車の保険に加入するなら任意保険 車 一括見積もりもしておくべきですねこちらはどうですか。

海外旅行に行くのならば、保険はチェック!

海外旅行。 好きな人は結構行っていますよね。趣味の一環なのかもしれません。
お金はかかるけれど、 それなりの思いは出来ますよね。

何より楽しい。 現実逃避。
忙しい生活社会から抜け出して、 ふっとため息を出しながらのんびりムード。
癒しにも繋がるでしょう。

海外旅行の事前準備。 色々ありますね。
基本、旅行会社の契約から始まる?? プランを選択して金額と照らし合わせ・・・。
手続きが面倒で行かない人もいてますが、 それってなんかもったいない気がします。

旅行の条件って結構重要かも。 自分の希望と合うものを・・・。
ヒットしたら即座に決定。 ただし、保険の事もきちんと確認を。

海外では何が起こるか分からない。 物をぬすまれる事も多々??
荷物の保障も、保険で管理。

海外保険ってそこまで金額がする物でもないし、 お守り程度と考えて、加入はしておいた方が。
楽しむ為にもね。 安全パイ。 いいんじゃないですか!
保険相談コラムも参考になりますよ。

地震保険には加入を!

自然災害。 誰もが予測できない事ですよね。 でもって、何より怖いものになるかもしれません。
そんな災害は突然やってくる。 起こってしまったら最後。 誰にもどうする事ができませんね。

大きな1つとして地震。 震度が低いと、まだ”揺れているよね”で済むけれど、 それの度合いが大きくなっていくと、災害を起こしてしまいます。
どこまで災害をもたらすか・・・。 考えるだけで怖くなっていきますよ。 どこまで、影響をもたらすかですね。

地震の恐ろしさは色んなことを考えさせられますよ。
火災に繋がってしまう事も。

家を買うとき。 ぜったというほど地震保険には加入するでしょう。 結構当たり前??
家の管理? 持ち家の安心感??

地震の災害なゆえに、どこまで保障が利くかは分からないけれど、 それは地震保険を掛けている人はみんな一緒でしょう。
なんしか、きちんと加入しているとちょっとでも気持ちが違う。 毎年の更新は忘れずにですよ!
保険相談や生命保険についてもう1度よく考えてみてはいかがでしょうか。

海外旅行保険に加入

旅行に保険って必要だと思います?

国内旅行の場合は、よっぽど危険な場所などに赴かない限り、必要ないと思うんです。
健康保険証って全国どこでも使用できますし、傷害保険に入っていれば、何か壊しても補償されるし。
何かあっても国内の場合は言葉も通じて、あらゆるトラブルに大抵は自分で対応できますよね。

でも、海外旅行は違う。
ケガや病気になったとき。
日本と違って救急車に乗るのにもお金が必要な国があります。

しかも、金額が桁違い。
10万円くらい請求される~なんて話も聞いたことありますよ。
救急病院も同じで、治療費がかなり高いとか。。。

「自分は大丈夫」って思っていても、いつもと違う環境、生活リズム。
長旅になればなるほど、リスクは上がります。

海外旅行保険の支払い内容の約68%はこういった病気やけがなどに関することらしいです。
万が一、言葉の通じない旅行先で、ケガや病気が発生した場合でも、24時間サポートしてくれる窓口があって、病院を探してくれたり、病院とのやりとりなどもすべて保険会社が請け負ってくれるみたいです。

保険ってやっぱり安心を買うんですね。
海外旅行に行く時にはぜひ海外旅行保険加入して行ってください。
時には保険を考察することや保険の見直しを考えてみるのもよいかもしれません。