保険会社への報告の仕方

保険金を請求する時に気を付けたいのが保険会社への報告の仕方だ。
車の保険でマイカーの使用用途を日常・レジャーに指定して加入していた人が「通勤中に事故をおこしてしまって」などと保険会社に報告していたのでは保険金はおりないだろう。
ここはやはり「いつもは電車で通勤しているのだけれど、たまたまその日だけ車を使ってしまった時に事故を起こした」というように報告した方が保険金が降りると思う。

これと同じでいざ、ことが起こった時の保険会社への報告の仕方ひとつで保険金が降りる場合と降りない場合がでてくる事もあるのではないだろうか。

例えば手術する事になって保険会社に連絡する事になった場合、それが持病に起因するものだったとしても持病を申告していなかった場合はそれをにおわしてはならない。
余計なことは言わず、できるだけたまたま受ける事になったように報告する必要があると思う。

例えばもともと不整脈をもっていて検査の為、カテーテル手術を受ける事になったとする。
加入の時に不整脈の事を申請していなかったとしたらできるだけたまたま発覚したように報告した方が保険がおりるように思う。

保険の支払いに関してどんな時に保険が受取れてどんな時に受け取れないのかという事に関して熟知しておく必要があると思う。
こんな時、あてにするのは熱心に勧誘してくれた保険のおばちゃんだったりするのだが実際、保険のおばちゃんでは知識が不足している事が多い為、あまり頼りにはならない。
やはり、いざという時の為に頼りになるFPをみつけておくのが賢明だろう。
保険相談ランキングで探してみては如何だろうか。

できるなら最初から既往歴がある人用の保険に加入したり、無選択型保険を選んだりした方が良いでしょう。

インターネットのスピードを上げるには

インターネットのスピードを上げるにはインターネット回線が早くなくてはなりません。
光回線なら下り1GBなのでおすすめです。インターネット回線選びに迷ったらインターネット回線おすすめプロバイダ ランキングで選んでみてはいかがでしょうか。
それからパソコンの処理能力も重要です。パソコンの処理能力とはCPUです。CPUはパソコンの頭脳と呼ばれています。
よくある、プロバイダやインターネット回線を契約すると無料でついてくるような安いパソコンのCPUでは話になりません。
無料でついてくるような安いパソコンのCPUなんてCeleronとか低レベルのものがせいぜいです。
Core5、Core7くらいは使っていないとパソコンがインターネット回線のスピードについてこれなくてスピードを殺してしまいます。
せっかく光回線を頼んでもパソコンのCPUが低レベルでは処理が遅くなってしまいますので宝の持ち腐れになってしまいます。
インターネットを早くしたければインターネット回線と同じくらいパソコンにも気を使いましょう。

借金があると結婚が遠のく

人との出会い。
それはどこでどう起こるかわかりません。
それこそが偶然であり、運命なのでしょう。

結婚を前提にお付き合いを考えたとき、将来を考えるのならば、それなりにいろいろ考えますよね。
愛さえあれば。今の世の中、”好き”だけではやってられない。
綺麗ごとだけ並べても、どうしようもない現実が待っています。

結婚相手に対して何を望みますか?
取りあえず、隠し事はやめてほしい。
相手に借金があった場合はどうでしょう。
その借金ってどういった理由か。借金の金額にもよるでしょう。

結婚を考えているのならば、極力借金はない方がいいですよね。
誰も、苦労すると分かってて結婚はしないでしょう。
借金があることを隠したまま結婚すれば後でバレた時、信頼は無くしてしまうでしょう。

いろんな事を考えると、借金がある人は、取りあえず借金返済してから結婚というのを選んでもいい気がします。

結婚が疎遠になってしまう。
確かに寂しいかもしれませんが、仕方がないですね。自分の借金は自分でなんとかしましょう。

お金のトラブル。
結婚という出来事でいっそうドロドロするのはいい気はしません。
借金が返せないなら債務整理無料相談で一から出直しって方法もありますよ。

自動車免許は視力が大事

車を運転する事。
技術はやっぱり必要??

得意、不得意があるので、それは仕方が無いでしょう。

車庫入れが苦手な人もいます。
縦列駐車が嫌いな人も・・・。

まぁ、免許を取るに当たっても、ほとんどが前に進む練習。

その中で何回かだけがバックや駐車の時間。

そうなると、バックが苦手だとしても、仕方が無いでしょう。

また、日頃からそういうことが日課になっていたら、慣れていくでしょうが、早々頻繁に出会わなければね。

結局、免許をとっても乗らないと意味がありません。
乗ることによって慣れていくのでしょう。

その慣れが、事故につながる事もあることは、厳重に実感しておく事は大事。

車に乗るとき、視界は大事。
しっかり見えているのか??

これって怖いですよね。

ある程度認識できていないと、危険が伴ってきます。

なので、免許取得には視力検査も含まれているのです。

コンタクト?
めがね?

どちらでもいいですが、運転する時は必ず装着。
何十年か前、自動車免許を取得する為に自動車免許 合宿教習所に通ったのですがその時、はじめてめがねを作ったので目が回って真っ直ぐ走れず恥ずかしながら、教習時間を何時間もオーバーしてやっと取得したのが懐かしいです。とってしまえば今ではスイスイとっても便利。運転免許無しの生活なんて考えられませんが。

視界の広さは安全運転の第一歩??視力はやはり大事ですね。
自動車免許を取得するなら合宿免許プランナーが格安です。

自動車の任意保険

自動車保険には2種類あります。 ひとつは被害者を救済するために法律によって加入が義務付けられている「自賠責保険」 もうひとつは自動車の所有者が任意で加入する「任意保険」。

なぜふたつあるのかと言いますと、自賠責保険は対人のみが保障の対象となっているうえに 保障に限度額が設定されている為です。

しかし実際事故が起こった時のことを考えると 人だけでなく車両や建物といった「物」に対しても保障が必要になることがありますし 被害者の方が大けがをしてしまった場合、自賠責の限度額内でおさまらないことも考えられます。

そのため運転者の多くは任意保険にも加入し 自賠責では補いきれない部分をカバーしています。

自賠責保険にしか加入していないというのは 加入していない本人にとっても事故を起こした場合、大変なことが多いですし (物損事故の場合、1円も下りないため自己負担になってしまいます。) 被害者側にとってもマイナスになることがあります。 保険会社を通せば簡単に話がつくことでも 専門知識のないもの同士だと手順のことなど、何かと面倒になることが多いためです。

自動車の保険に加入するなら任意保険 車 一括見積もりもしておくべきですねこちらはどうですか。

保険相談について

注目

家計を支える夫に万一のことがあった時に必要な額はどの程度なのか。 自分たち家族はどのような生活を送っていきたいのか。 生命保険を考える際に一番重要なポイントはそこなのかなと思います。

わたしたちがファイナンシャルプランナーさんに保険相談した時は、 自分たちが子どもにしてやりたいと思っていることにかかる費用と 現実的な生活を考えるとこのくらいかかる、というグラフを算出してもらいましたが その費用のかかること! そのすべてをまかなえるような保険料を支払うことは 現時点の家計からは難しかったので、必要最低限にしぼって加入することにしました。

まだまだ十分とは言えないので、また機会があれば(自分が働き始めた時など) 保険に追加で加入を考えております。

実際漠然と考えているのと、プロの意見を聞くのではかなり違います。 保険加入をすすめるために話をしているのでは?と思われる方もいるんだろうとは思いますが ファイナンシャルプランナーさんのお話を元にいろいろ調べてみると やはり自分たちの希望をかなえるためにはお金が必要なんだなということがわかりました。

すぐに保険に加入する、しないの話ではなく 将来的にどのくらいのお金が必要になるのかを考える上で 保険のプランナーさんやファイナンシャルプランナーさんに保険相談するのは決して損ではないと思います。

過払いってご存知ですか?過払い金請求 無料相談は司法書士に

自動車保険の更新

先日自動車保険の更新を済ませました。 更新日の1カ月くらい前まで、バタバタと予定が詰まっており 「この用事がすんだら更新しよう」 と頭の片隅にあったのですが いざ予定をすべて終えてみると、息子が肺炎に。

再びバタバタした生活になり、気づけば更新期限の一日前。 もう間に合わない…、保険が切れた状態で車に乗る勇気のない私は しばらくは車に乗らない生活をする覚悟でおりました。 手続きをしてから、保険証券が届いて~という作業に少なくとも1週間はかかると思っていたからです。

しかしその時に届いていた保険会社からのメールを見てビックリ。 インターネットで更新手続きをして 且つ支払いをクレジットカードで済ませるという内容にすれば 更新日当日の16時まで手続きが可能とのこと。 証券も次の日には到着、新しい保険内容も更新日の16時以降すぐに適応されるということでした。 実際更新作業も、15分かからない程度。 アッと言う間に終わりました。

自動車を運転する上で保険が大切なことは分かっているのですが 契約や更新に取られる時間をなかなか捻出できないもの確かです。 ネットで契約・更新できることで、大幅に労力が減ってとても助かりました。
ちなみに運転免許を取得するなら教習所 合宿おすすめですよ。

自動車保険の役割

以前交通事故に合ったことがあるのですが その時私は被害者側。 私は自転車に乗って走っているところで、相手はバイクで横から抜いていこうとする時でした。 バイクのハンドルと自転車のハンドルが絡まってしまい しばらく引きずられたのちに転倒。

幸いケガは大したものではなく…と言っても全治1カ月。 ケガで全身の痛みがすごかったため、 早いところ保険会社の方とお話を済ませてしまいたいと思っていたのですがそうもいかず…。

事故の経緯などを一通り話し終えた後に 加害者の方の都合上、物損事故扱いにしてほしいとの連絡が入りました。 人身事故を起こしてしまったとなると、お仕事の不都合が生じてしまうらしいのですが 人身?物損??…知識がまったくなかった私はどう対処していいかもわからず ただ困惑するばかり。

警察側と、保険会社側に「物損事故」と報告するだけで 通院費用や慰謝料は加害者の方が人身事故と同じだけの金額を負担してくださるとのこと。

娘が実際負傷したのだ、と私の両親は納得いかない様子。 結局誰に相談していいかも分からず、保険会社の方に聞いてみることにしました。

その時に思ったのですが、こういった時に当事者やその家族だけで話をしてしまうと 感情が表に立ってしまい、なかなか話が進みません。 お金のことや知識のこと以外でも、保険会社という第三者をはさむことで 冷静に話をすすめることができるものです。

最終的には保険会社の方の仲裁の元、双方納得できる結果となりました。 保険は費用を保障してくれるものというイメージが強いですが このような時にも活躍してくれるのです。
来店型の保険相談サービスなどでは自動車保険をはじめとする損害保険も取り扱っているところもあります。
保険相談の知識を得てみては如何でしょうか。

自動車保険をインターネットで

合宿免許プラスで自動車免許をとって1年。先日インターネットで自動車保険の更新を済ませました。 「ネットで簡単♪」とテレビCMなどで言われているように確かに簡単! 15分くらいで新しい保険への切り替えが済みました。 しかし…実は私、その保険の内容が良く分かっていなかったりします。

更新手続きは次のようなものでした。 それまでに加入していた保険の内容を打ち込み さらに自分たちの状態(年齢、事故歴など)を打ち込み…すると 2タイプの提案が画面上に現れました。

そこには対人保障、対物保障、限度額、車両保険…2タイプの保険の内容が簡単に比較された表があり その下には、保険に関する細かい注意書きが何度スクロールしても終わらないほどびっしり。

正直読む気を失ってしまうほどでした。 こんな時に保険の営業さんが入れば 実際どの程度の金額の保障額が必要なのかといったことや 注意書きの中でも特に必要なことをピックアップして話してくれたりと こちら側がわかりやすいような説明を加えてくれますよね。

しかしネットでの契約では 「これはどうしたら?」と疑問に思っても ちょっと面倒くさいなぁという気持ちが働いてしまって 調べたり問い合わせたりする手間を省いてしまいがちに。 結局内容はよくわかっていないけれど、とりあえず契約~という方向に。 これってきっとうちだけじゃないですよね?!

便利な自動車保険のインターネット加入も善し悪しですね。生命保険 自動車保険

保険の営業さん

アナタが保険に加入する時、何を重要視しますか? 保険のプラン、金額、取り扱っている会社…人によって大切にするポイントは様々。 その中で欠かせないもののひとつに保険の営業さんの人柄というものがあると思います。

私の友人は保険に加入してもう10年以上が過ぎていて そろそろ更新の時期。 「正直金額が上がるのは辛いし、保険の内容もほかの会社のものに切り替えれば安くなるんだよね。」 と迷っている様子でした。 それでも数日後話を聞いてみると、今まで加入していた保険で更新をしたそう。

理由を聞いてみると やはり10年以上同じ営業さんとお付き合いしていると 家のことや、こどものこと…保険の内容以外にもお互い相談したり話をしていることが多く 「わかってくれている」という安心感が大きい。保険はお金による安心を買うものだけれど、それだけじゃない。

と話していました。 確かに自分が保険に加入した際も、営業さんの熱心な姿勢に動かされたところが大きいですし 加入した今「何かを相談できる相手がいる」という安心感があります。 一生に関わる大切な保険です。 一生のパートナーを探すという意味では保険の営業さんは大きな存在ですよね。