自動車の任意保険

自動車保険には2種類あります。 ひとつは被害者を救済するために法律によって加入が義務付けられている「自賠責保険」 もうひとつは自動車の所有者が任意で加入する「任意保険」。

なぜふたつあるのかと言いますと、自賠責保険は対人のみが保障の対象となっているうえに 保障に限度額が設定されている為です。

しかし実際事故が起こった時のことを考えると 人だけでなく車両や建物といった「物」に対しても保障が必要になることがありますし 被害者の方が大けがをしてしまった場合、自賠責の限度額内でおさまらないことも考えられます。

そのため運転者の多くは任意保険にも加入し 自賠責では補いきれない部分をカバーしています。

自賠責保険にしか加入していないというのは 加入していない本人にとっても事故を起こした場合、大変なことが多いですし (物損事故の場合、1円も下りないため自己負担になってしまいます。) 被害者側にとってもマイナスになることがあります。 保険会社を通せば簡単に話がつくことでも 専門知識のないもの同士だと手順のことなど、何かと面倒になることが多いためです。

自動車の保険に加入するなら任意保険 車 一括見積もりもしておくべきですねこちらはどうですか。